理事長メッセージ

学校法人鎮西学院 理事長 栗林英雄

 1881年(明治14)鎮西学院は、北アメリカメソジスト監督教会から派遣された宣教師 C.S.ロングによって、長崎市東山手に設立されました。生徒12名と教師4名からスタートした学院は、今や幼稚園・高校・大学までを擁し、卒業生の総数が1万5千人を超える総合学園に発展しました。これもひとえに、133年もの間、鎮西学院を支えてくださった多くの方々のご支援の賜物であり、あらためてお礼を申し上げます。
 133年という長い期間には、原子爆弾による被爆を経験し、また災害にも遭遇いたしました。しかし鎮西学院は常に望みと信仰を棄てず、信じる者の強さを発揮して今日に至りました。

 少子高齢化や国際化など、今、教育をめぐる環境は時代とともに変化し、私学のあり方もその根本が問い直されています。しかしそのような状況にあっても、創立者C.S.ロングの教えである「 Be Christian Gentlemen 」(キリスト教精神をもった紳士たれ)という建学の精神に基づいて、鎮西学院らしい個性ある人材を育て社会に送り出すこと、真のアイデンティティーをもった教養人の育成が大切だと考えています。

 鎮西学院では、現在2016年の創立135周年に向けて、校舎及びキャンパスの再整備等、学院将来構想に基づいた様々な記念事業が計画・実施されています。これからも鎮西学院は、培ってきた理念と伝統を拠り所とし、建学の精神を基盤に教育を通じて若者を育て、社会に貢献したいと考えています。

学校法人鎮西学院 理事長 栗林英雄